「舞台力」日記

コロナワクチンの普及により普段の生活に少しながら戻りつつあります。

 

UV Performing Arts の夏も以前のようにスタジオでのサマーキャンプが始まります。

 

今年の夏は安全に旅行可能になった時へ向けて、コンクールの出典作品の創作に取り掛かっています。今回はソロ作品。ダンスエレメントの西原礼奈先生の作品に挑戦です。

 

With the distribution of the coronavirus vaccine, we are slowly but surely going back to a more normal life. 

 

At UV Performing Arts, the Summer camps will be held at the studio as they have in the past. 

 

This summer, we are in the process of preparing solo dance pieces for a competition, with the hopes that we will be able to travel much more freely and safely in the near future. The students will be performing pieces created by Lena Nishihara of  Dance Element. 

10周年記念!」ショーケースをご覧いただきありがとうございました。皆さまからの10年間の思いやり、奉仕、支援に心からお礼申し上げます。皆さまに支えて頂いたからこそ今10年目を迎えられました。こんなに素晴らしい生徒たちに出会えて光栄に思います。

 

まだまだ学ぶこと、教えることが多々ありますがこれからも是非一緒に成長できれば幸いです。

 

これからもよろしくお願いします。

 

Eri U-V

 

Thank you for watching our showcase “10th Anniversary!” and ten remarkable years of warmth, dedication, and support. I absolutely couldn't have done it without you, nor can I take the next steps without your help. I'm honored and humbled to have the opportunity to teach such a wonderful group of students.

 

It's been 10 years, but there is still a lot to learn and a lot to teach. Let's keep it going and growing for the next ten years together!

 

Hugs and High Fives,

 

Eri U-V

 

 

4/3/21  今私はコンクールの振付をしています。

 

初めて振付を始めたのは20年前。舞台で1分間のソロを頂きそこを自分なりの解釈で振付でと言われたのがきっかけです。

それから自分の作品をコンクールに出すため踊りの作品を見て、真似して、アレンジしでいきました。

納得のいく作品ができて賞をいただいた時に感動したのを今でも覚えています。

自分の個性とは?自分は何を表現したいのか?今何を感じて生きているのか?その楽しみ苦しみを踊りで表現できないか?

振付時期は毎日自問自答が続きます。

 

今振り付けている子はコンテンポラリー初めて!!不器用ではありますがよく考え、懸命に取り組んでくれています。(西原 礼奈)

3/1/21     ダンスの訓練はとても重要です。私は常に正確な基礎訓練と正しい訓練の仕方を大切に指導しています。でもこれは将来にむけてのこれからの人生に必要な事の1つ。ダンス技術以外に生徒たちに伝えているのは、大切な友人を作ること、ちゃんとコミュニケーションを取ること、そしてその出会いを大切にすることです。なぜなら、自分が苦しい時に乗り越える糧となってくれるのは技術でなく大切な友人たちだからです。私の生徒たちは小さい頃から一緒にダンスを学び、一緒に成長しています。彼らが家族のように美しく踊る姿にはとても素晴らしい絆があります。薄井ビラリアル 英里)
 
Training is important.  I teach how to build the proper foundation and how to work correctly. But this is only one piece of journey. Along with the technical knowledge, I tell my dancers to make good friends, communicate them, and nurture those relationships because those are the people who will carry them through the harder times. My dancers grow very close among each other. It is nice to see them dance beautifully together like a family.
/
Eri U-V

2/7/21 コロナ感染症による自粛が始まり約一年。ダンスクラスをはじめ、学校へも行けず規制が多々ある中、私にやる気と感銘を与えてくれているのは、大切な生徒たちです。

 

彼らの美しさと才能が私の振付に息を吹き込み、彼らの進歩が幸せの糧となっています。

 

努力したことには必ず結果がついてくる。ダンステクニックはもちろん、優雅さ、敏感さ、強靭さが素晴らしい芸術家を創りあげます。

 

そんな美しいエネルギーをくれる生徒たちに感謝です。これからも頑張りましょう!

(薄井ビラリアル 英里)

 

 

It's been almost a year since this pandemic started.  Even in this difficult time, my students continue to inspire and motivate me.

 

They are the one whose beauty and talent bring my choreography to life.  They are the one whose progress makes my heart happy!

 

Keep working hard - it will bring results.  Technique is key - but grace, vulnerability and strength are what makes an artist special.

 

Thank you, dancers for sharing your beautiful energy!

 

Eri U-V

2/3/21 「先生、質問です!」Vol. 17

キラさんからの質問

「ダンスを選んでいなければ何をしていましたか?」

 

レイナ先生: 

新体操選手。

ダンスを通してダンスを継続しながらやりたいと思っていたのは、ネイリスト、ヘアメイクアーティスト。これはダンスをしていなければ魅力を感じなかったかもしれません。そしてダンスしていなかったら私は結婚してなかったかも~

 

エリ先生:

東洋医学にずっと興味があるので、漢方薬の専門家か、海洋学が好きなので、水族館で働いていたり海に潜って海の生物や珊瑚の研究など

していたかもしれません。

 

マユミ先生:

ダンスを続けていなかったらお芝居をしていたと思います。

 

Kira asked:

If you didn't dance, what would you be doing instead?

 

Lena Sensei: I would have been a rhythmic gymnast. I wanted to be a dancer for sure but some professions I thought I might be able to on the side were like a nail artist or a hair and make-up artist. I don’t think I would’ve had an interest in either of these if I hadn’t been doing dance. And if I wasn’t doing dance, I don’t think I would’ve gotten married!

 

Eri Sensei: I have always had an interest in eastern medicine and oceanography so I may have been a specialist in herbal medicine, had a job at an aquarium, or going diving into the ocean to research sea creatures and coral.

 

Mayumi Sensei: If I hadn’t continued dancing I think I would’ve been doing acting. 

1/24/21「先生、質問です!」Vol. 16

エマUVさんからの質問:

「オーディションに落ちた後、どんな気持ちでしたか?

また、どうやって再び別のオーディションに挑戦しようと思えましたか?」

 

レイナ先生:

人のせいにはしなかったです。自分の勉強不足。練習不足がわかっていたのでそれをエネルギーにしてレッスン受けまくりました!

 

エリ先生:

1番やりたかったオーディションに落ち、(Q&A#15)審査員とマドンナに笑顔でお礼を言い、部屋を出て泣きながらセントラルパークへ行ったのを覚えています。しかし私より素晴らしい才能を持っていたダンサー達と一緒にオーディションで踊る事ができたこと、大好きだったマドンナ本人に会えたこと、そして次の日も別のオーディションがあったので、化粧を直し自分の足りない部分を補うためクラスを受けにスタジオへ向かいました。

覚悟してダンサーになった身、落ち込む暇を作らず、常に練習し自分を少しでも向上させることで、何度も挑戦できました。

 

マユミ先生:

沢山のオーディションを受けましたが特にコールバックを何度も受け最後の2人や3人まで残った後に落ちた時は毎回とても悔しく悲しかったです。

アメリカに来てから2年経った時にすべてを諦めて日本に帰ろうかと考えた事が一度だけありましたがバレエのクラスの最初のエクササイズであるプリエをしながら「ずっと小さい時からこうやってレッスンを受けてきたのだなぁ」と思った時に、こんなに長くここまで頑張ってきた自分の夢を諦めてはいけないと再びオーディションに挑戦しようと思いました。

 

Emma U-V asked:

How did you feel after not getting the job you auditioned for? 

Additionally, how did you motivate yourself to go to another audition afterwards?

 

Lena Sensei:

I never made it anyone else’s fault. It was just that I didn’t study enough. I knew I just didn’t practice enough so I used that as the energy to motivate myself to take a bunch of lessons.

 

Eri Sensei: I didn’t make it through the audition I wanted the most [mentioned in Q&A#15], afterwards I smiled and thanked the judges, then headed out of the room and went to Central Park as I cried. However, I thought about how I still was able to go to an audition and dance with dancers that had so much more talent than myself, meet my idol Madonna, and I also had an audition on the following day, so I fixed my makeup and went to go take more classes to continue improving myself again..

Since I made up my mind to become a dancer, by not giving myself the time to feel sad and constantly practicing to keep improving, I was able to keep trying and moving forward.

 

Mayumi Sensei:

I’ve been to many auditions but it is always saddening to be dropped after multiple callbacks and also being one of the last few people left. 

Around the time I’d been in America for about two years, I had a moment where I considered giving up on everything and going back to Japan. But as I was taking a ballet class and as I did the first exercise which was a plie I thought to myself, “I guess I’ve been taking lessons like this since I was small”. I then came to the conclusion that I didn’t want to give up on my dream after I’ve come this far, so I continued to go to auditions as I did before.

1/10/21 「先生、質問です!」Vol. 15

ジョーさんからの質問:

「1番欲しかった仕事(オーディション)は何ですか?

そのオーディションは受かりましたか?」

 

レイナ先生:

若い時はジャネット・ジャクソンが大好きでバックダンサーになりたいと思ってました。私がアメリカに住んでる間にジャネットのオーディションは残念ながら開催されず。。。

帰国後イリ・キリアンのカンパニーにいた金森穣さんに憧れてカンパニーオーディションを受けて受かりました。しかし他に大事な仕事と被ってしまい断念しました。苦渋の選択でした。

 

エリ先生:

1番やりたかった仕事は1993年に開催されたマドンナのワールドツアーのダンサーです。そのオーディションには最終選考で残念ながら落ちました。

 

マユミ先生:

一番欲しかった仕事はミュージカルのCatsそしてBroadwayの舞台に立つ事でした。

ラッキーな事に両方とも受かりました。

 

Joe asked:

What was the job(audition) you wanted the most?

Did you get that job?

 

Lena Sensei: When I was young I loved Janet Jackson and I wanted to be one of her backup dancers. Sadly an audition for that job never happened during the time I lived in New York…

After returning to japan I was inspired by Jo Kanamori who was at Jiri Kylián’s company so I went to a company audition and made it in. Unfortunately, it overlapped with another important job so I had to decline the opportunity. It was a hard decision to make.

 

Eri Sensei: The job I wanted to do the most was to be a backup dancer on Madonna’s world tour in 1993. Sadly, I did not make it through the final cut. 

 

Mayumi Sensei: The job I wanted the most was to be a performer on the musical Cats and to be a Broadway dancer.

 

I was lucky to be able to get both jobs.

1/5/21「先生、質問です!」Vol. 14

キラさんからの質問

「お気に入りのダンス技術はありますか?又ダンサー達がその技術を上達するのにアドバイスが有れば教えてください。」

 

レイナ先生:

スローなムーブメント。誤魔化しのきかない動き。その厳しい状況に自分を持っていくのが大好きです!

 

エリ先生:

Jete Leapsが好きです。踏み込みと着地の技術ををバレエで培い、空気に乗れる瞬発力を養うと良いと思います。

技術は才能と違い練習をすれば必ずできるようになります。上達したい技術は全て、できるまで練習するのでは無く、もう失敗しないまで日々の努力を続けることが大切です。

 

マユミ先生:

特にお気に入りのダンスムーブメントはありませんが、くるくると回れるからとか足を高く上げれるからではなく、どんな小さな動きでもまたポーズを取っているだけでも観客の目を惹きつけられるダンサーは素晴らしいと思います。

生徒の皆さんが人々の目を惹きつけそして感動を与えるダンサーになるためには先ず毎回のレッスンをどれだけ一生懸命に受けれるかが重要になってくると思います。

なぜなら全身全霊を掛けて心を込めて練習をした人にしか出来ない踊りというものがあるからです。

そしてその踊りの中にそのダンサーの魂を感じるから人々は感動するのだと思うのです。

 

What is your favorite dance move (turns, jumps, etc.), why and how can we (student dancers) improve on that skill?

 

Lena Sensei: I like slow movements. You can’t really cover up any mistakes with that. I really love pushing myself to go through the difficult situations that come up when doing movements like that.

 

Eri Sensei: I like jete leaps. I think that [to get better at it] you should cultivate the skill to take off and land properly through ballet and then work on improving the ability to instantly get on top of the air.

 

Mayumi Sensei: I don’t particularly have a favorite move but instead of dancers who can raise their leg up super high or do an endless number of spins, I find the dancers that can attract the audience’s attention with even the smallest movements or just striking a pose to be amazing. 

I think for each and one of you students to become a dancer that can draw the eyes of the audience and move their hearts, it becomes important on how hard you can work at every lesson you take.

This is because there are certain things that only people who put their all into dancing can do. 

The audience can feel the soul of these dancers when they see them perform, which is probably why the people who watch them are left in awe.

12/30/20 「先生、質問です!」Vol12

キラさんからの質問

「ダンスをする中で恐ろしかった出来事はありますか?」

 

レイナ先生

ケガですかね。

  • デュエットで組んだ男性ダンサーにリフトされて肋骨にヒビがはいりました。
  • デュエットで組んだ女性に腕を引っ張られて肘が亜脱臼しました。

私がたまたま被害者でしたが反対もありえる話。そして怪我をして感じたのが、体の仕組みを理解して動くと自分自身の身体の怪我も相当減るのではないかな。

 

エリ先生:

本番中、リフトに失敗し舞台で足を折った事です。動けなかったのですがステージではグループのダンスが始まっていた為、丸太を転がすようにコロコロ転がって袖に入りました。

 

マユミ先生:

舞台上のセットでのリハーサルを一度もしないでぶっつけ本番で初めての役を踊らなければならなかった時。

 

Q & A #12

Kira asked:

Do you have a dance horror story?

 

Lena Sensei: I think I would say injuries. 

  • For a duet, my male partner and I performed a lift and I got a hairline fracture in my rib.
  • For a duet, my female partner pulled on my arm and I dislocated my elbow. 

I ended up being the injured one for these cases but it could’ve gone either way for both. I think from being injured I felt that the more I moved my body with the knowledge of how the body works, I would be able to significantly decrease the number of injuries for my body. 

 

Eri Sensei: For me, it would be the time I broke my leg during a performance when doing a lift. I couldn’t move my body at all, but since the next group was already starting their piece, I tumbled away on the ground into the wings as if I were a rolling log. 

 

Mayumi Sensei: My horror story would be the time I had performed a role on stage that I had never done before without any rehearsals prior to that. 

1/1/21「先生、質問です!」Vol13

キラさんからの質問

「何がダンサー、ダンス教師としての継続の糧となっていますか?」

 

レイナ先生:

目標です。漠然とレッスン受けていても楽しくないです。例えば【12月までにスピリッツができるようにする】など目標を決める。そこの目標を成功させるために何をするべきかの答えが出てくるから。

 

エリ先生:

ダンスが私を幸せの糧だからです。不安、不満、怒り、嫉妬や意地は「苦」であり、その苦を握りしめる自分の原因を理解させ、改善し、幸せへ導いてくれるのがダンスだからです。

私はダンスを習い始めた頃からいつも落ちこぼれで失敗ばかり。だから沢山学ぶ事ができました。逆境は成長できる第一歩です。ダンスは逆境を喜びに変えてくれます。

と言っても未だに失敗続きな私なので、まだまだ辞められ無いわけです。

 

マユミ先生:

とてもシンプルです。

ダンスを辞めたらとても悲しくなるからです。

ダンスのない自分の人生は考えられないのです。

 

What keeps you from quitting dance?

 

Lena Sensei: Keeping goals. Going to classes with a vague mindset isn’t any fun at all. For example, I may set a goal like, “Be able to do the splits by December”. By doing so, you can naturally come across what you’re going to have to do to reach that goal in the end. 

 

Eri Sensei: I continue to dance because it is the source of my happiness. Uneasiness, dissatisfaction, anger, jealousy, and stubbornness are all sources of “struggle”– the thing that lets me understand the things inside me that hold on to those sources, find a way to improve, and guide me towards happiness is dance. 

From the time I started dance, I was always falling behind and making mistakes. This is also why I was able to learn a lot of things. Experiencing hardships is the first step towards growth. Dance can change misfortune into happiness.

With all that said, I still continue to experience failures to this day and thus I still cannot quit dancing.

 

Mayumi Sensei:  It is very simple.

It is because if I quit dance, I will become very sad.

I just cannot think of living a life where there is no dance. 

12/26/20「先生、質問です!」Vol. 11

キラさんからの質問

「目標、憧れの人は誰です/でしたか?」

 

レイナ先生:

似ても似つかないですが、シルヴィ・ギエムです。彼女の生まれ持った条件は真似できないが彼女のパッションを目標にすることはできるとわかっていたから。

それと特定の人はいないけど歌手。

歌詞を追うだけではなく声で人を感動させるなんて素晴らしいと感じるしダンスと同じアーティストだと思うからです。

 

エリ先生:

今まで私を導いてくださった先生方、振付師達と多々いますが特に、私がニューヨークへ渡るきっかけを下さったSuzi Taylor先生です。教師としてもダンサーとしてもとても尊敬しています。

 

マユミ先生:

仕事と家庭を両立している人は私の憧れであり尊敬する人達です。

 

Who is/was your role model?

 

Lena Sensei: I don’t bear any similarities to them but my role model is Sylvie Guillem. I cannot copy any of the talents she was born with but I can at least make a goal to have the passion she had. 

Also, nobody specific comes to mind but I look up to singers.

The reason is that I feel it is amazing that they have the ability to move people’s hearts not just with their voice but with lyrics as well, and that they are also artists just like dancers.

 

Eri Sensei: It includes many people like the multiple teachers and choreographers that have guided me but I think I would say that it is my teacher Suzi Taylor, who gave me the opportunity to go to New York, who I respect not just as a teacher but as a dancer as well.

 

Mayumi Senei: People who are able to balance having a job and a family have my utmost respect and I aspire to be like them.

12/20/20「先生、質問です!」Vol10

キラさんからの質問

「ダンサーで良かったと思うことはなにですか?」

 

レイナ先生:

身体を通して感じる感性が磨けたこと。

机上の空論は時として無駄な時間になるから。

 

エリ先生:

動きと音を共有し、平和と喜びの別空間に入ることができるからです。それを観客と分かち合えることは、なんとも言えない幸福感がありダンサーで良かったと思っています。

 

マユミ先生:

他の仕事でもそうだと思いますがダンスの世界はとても競争の激しい世界です。

そしてその世界で戦っていくためにそれぞれが自分との闘いを続けながら芸を磨いていくという時には孤独な世界です。

ダンスを続けていく事がどれだけ大変かを理解しダンスを通して何かを表現したいという同じ志を持ったダンサーが共に一つの舞台を作り上げる時には強い一体感が生まれます。

この一体感を味わえた時にダンサーになって良かったなと強く思うのです。

 

Kira asked: What is the best part of being a dancer?

 

Lena Sensei: It would be that I was able to refine the skill of feeling things through my body, which isn’t something you can understand through theory or conceptualize through studying.

 

Eri Sensei: It would be that as a dancer, I can use movement and sound to enter another dimension of peace and joy. Being able to share that experience with the audience brings a certain kind of happiness that makes me feel good about becoming a dancer.

 

Mayumi Sensei: I believe this applies to other jobs, but the dance industry is extremely competitive. To stay alive in this industry means that each person must keep fighting with themselves while honing their skills in dance, which can sometimes give you a sense of loneliness.

Creating a show along with other dancers who understand these hardships and also have a will to convey something through dance brings a very strong sense of unity. 

Those moments I am able to get a taste of that sense of unity is when I feel my decision to become a dancer was a good one.

12/16/20「先生、質問です!」Vol 9 キラさんからの質問:

何が1番お気に入りの思い出ですか?

 

レイナ先生:ダンスの思い出なら初舞台の【くるみ割り人形】です。ねずみ役をやったのですが手をちょこちょこ動かしながら走り回るのがとても楽しかった思い出があります。

 

エリ先生:ニューヨークに移住すると決め、初めてJFK空港に到着後、片言英語で行き先を告げイエローキャブに乗りしばらくして窓から見た初めてのマンハッタンのスカイラインです。あの時の決意は今でも支えてくれています。

 

マユミ先生:沢山ありますが夢であったミュージカルCatsの舞台に出演した事でしょうか。

でも一番は何と言ってもダンスを通してかけがえのない友人達と出会えた事です。

 

Q & A #9 Kira asked:

What is your favorite memory from dance?

 

Lena Sensei: My memory from dance was my first performance, which was The Nutcracker. I played the role of one of the mice so I remember having a lot of fun running around like a mouse. 

 

Eri Sensei: After my decision to move to New York and upon arriving at the JFK international airport, I got on a yellow cab and told the driver where I was heading with my broken English. My memory is from when I was on that cab and after a while, I saw the skyline of Manhattan for the first time. The resolve I had in those days still supports me to this day. 

 

Mayumi Sensei: I have many memories but the one that comes to mind is being able to perform in the musical Cats, which was a dream come true. 

But I think the thing that comes above all is the fact that I was able to make irreplaceable friends through doing dance. 

 

 

12/14/20「先生、質問です!」Vol 8 キラさんからの質問:

ダンスを選んだことで、出来なかったことはありますか?

後悔はありますか?

 

レイナ先生:ダンスと新体操を同時進行で習っていました。だからダンスをやっていて後悔はなかったし、ダンスで考えることがあって答えがでなくても新体操を通して答えがでたり両方の学びが繋がる時がとても楽しかったです。

 

エリ先生:私は高校生の時から働きながらダンスと学業の両立で、やれなかった事は友達と旅行したり合コンです。

苦しい家庭状況に置かれた事は辛かったですが、ダンスがあったからこそ、その状況を乗り越えられ、だからこそ今があるのでダンスをしていて後悔は無く感謝することでいっぱいです。

 

マユミ先生:ダンスを選んだことで出来なかった事。。。しいて言えば冬はスキーにそして夏はビーチに行けなかった事でしょうか。😆

スキーで万が一足を折ったりでもしたら踊れなくなるから、そしてビーチに行って日焼けをすると衣装を着た時に水着の線が見えてしまうからとバレエの先生からスキーとビーチにはなるべく行かない様にと言われていました。

ダンスの為に出来なかった事は他にも沢山あると思いますが後悔はありません。

逆に言えばダンスをしていなかったら後悔ばかりしていたと思います。

 

Q & A #8

Kira asked:

Do you feel like you missed out on things because of dance?

Do you regret not doing something because at the time dance was more important?

 

Lena Sensei: I was simultaneously learning dance and rhythmic gymnastics. Because of this, I didn’t have any regrets doing dance– If I was thinking of something for dance and couldn’t come to a conclusion with my thoughts there, I would sometimes come across an answer through rhythmic gymnastics. It was very fun when the lessons I learned from both worlds would collide. 

 

Eri Sensei: By the time I was in high school I was balancing dance, schoolwork, and part-time jobs so the things I couldn’t do were like going on vacations with my friends or attending singles parties.

It was hard growing up with a difficult family situation, but I was able to overcome those times and have the lifestyle I have now thanks to dance, so I have no regrets and rather have so much gratitude for many things. 

 

Mayumi Sensei:

Things I couldn't do because I chose to do dance… If I had to say, it would be things like not being able to go skiing in the winter and not being able to go to the beach in the summer. 😆

My Ballet teacher advised me to avoid skiing and going to the beach because for skiing I might break a leg and be unable to dance, and as for the beach, it was to avoid getting tanned because the tan lines might be visible for some of the costumes I would wear.

I think there are many things I missed out on due to doing dance but I don’t have any regrets. 

On the contrary, if I hadn’t chosen dance I would’ve only had regrets in life. 

12/4/20「先生、質問です!」Vol. 7 アイナさんからの質問:
好きな色は何ですか?
好きなホリデーは何ですか?
なぜダンスを始めたのですか?
レイナ先生:
白、水色
ハロウィン
母親と叔母がバレエの先生だったのがきっかけです。
エリ先生:
ターコイズブルー、ピンク
お正月
バスの中にあった広告を見てダンス教室に通い始めました
マユミ先生: 
桜色(ピンク)です。
クリスマスとお正月です。
母に連れられて見に行ったバレエクラスを見学後、何となく始めました。😋
エマYさん
何故今踊っているのダンススタイルを選びましたか?
レイナ先生: バレエ→ジャズダンス→コンテンポラリーになりました。
コンテンポラリーは明確な動きが私の性格とあったのかな?
エリ先生: バレエ、日舞、ジャズダンス、タップダンスを小さい頃から習っていましたが、ニューヨークに行くきっかけとなった先生に出会い、コンテンポラリージャズの世界に入りました。
コンテンポラリーは基本はバレエですが、一つの型にはまらず、他のダンススタイルを使い動きや表現の可能性が無限にできるからです。
マユミ先生:
やりたかったお芝居、歌、ダンスがすべて入っているのはミュージカルだったので
シアターダンスそしてジャズダンスのスタイルを選びました。
またどの種類の踊りにも必須なバレエもずっと続けました。
Q & A #7 Aina asked:

What is your favorite color?

What is your favorite holiday?

What caused you to start dance?

 

Lena Sensei:

White, blue

Halloween.

My mother and Aunt being Ballet teachers was the cause. 

 

Eri Sensei:

Turquoise, pink.

New Years Day.

I saw an ad for dance classes on the bus I rode and began taking lessons from there. 

 

Mayumi Sensei:

It is pink.

Christmas and New Years Day.

After my mother took me to observe a ballet class, I started attending class for no particular reason.😋

 

Emma Y asked:

Why did you choose the style of dance you do now?

 

Lena Sensei: It went from Ballet→Jazz→Contemporary.

The clear movements in contemporary dance fit with my personality, I think?

 

Eri Sensei: I was learning ballet, traditional Japanese dance, and tap dance from a young age, but I met a teacher that became the cause of me going to New York, from there I stepped foot into the world of contemporary jazz.

Contemporary at its most basic form is Ballet, but it isn’t limited to one form, you can use other dance styles and there is an infinite number of possibilities, which is why I chose this style.

 

Mayumi Sensei:

The things I wanted to do were acting, singing, and dancing. Since Musicals had all three, the styles I chose were theatre and jazz. 

Additionally, I continued to do Ballet since it is required for every style of dance. 

11/25/20「先生、質問です!」Vol 6

キラさんからの質問:

怪我をした時はどうしていますか?怪我してもダンスしますか?

 

レイナ先生怪我の種類によりますが、筋力低下や感覚が鈍るのが嫌なのでレッスンは欠かさず行きましたよ。できないものは調整しながら。基本のレッスンは身体に染み込ませる為にとっても重要ですもんね。

 

エリ先生私は下半身の怪我が多かったので、身体を動かさず寝るしか回復方法が無いため、反対の足や腕など怪我をしていないところの筋トレやストレッチをしていました。又、[同じ場所を怪我をするのが]癖になるので、回復後は、怪我をした周りは常に温めて、念入りにストレッチしています。

 

マユミ先生怪我の種類により無理をしない程度にクラスを受ける時もありますが

無理をして長引かせるよりは休んで早く治して早く復帰するようにしています。

大きなケガをした場合はフィジカルセラピーにも通いケガをしていない部分の筋肉が落ちない様、また復帰した際に元の身体に少しでも早く戻れる様セラピストから与えられるトレーニングをして身体を動かし続けます。そして怪我をしないような身体づくり、踊り方を学ぶ事も大切だと思います。

Q&A # 6

Kira asked:

What do you do when you have injuries? Do you still dance if you get injured?

 

Lena Sensei: It depends on the type of injury I get, but I dislike losing my muscular strength and general sensation [of dance] so I kept attending class. Adapting to what I couldn’t do over time. Attending basic classes is so important to letting your body absorb things.

 

Eri Sensei: I have had a lot of injuries around my lower body and since there was no other way to recover other than lying down and letting my body rest, I stretched out or strengthened other parts of my body such as the arms and my uninjured leg. On the other hand, it became a habit to injure the same area so after I had recovered I would make sure to always keep any areas around the injury warm and would stretch a lot with care.

 

Mayumi Sensei: Depending on the type of injury there would be instances I would take class keeping in mind to not push myself, but at other times, instead of pushing myself and resulting with a prolonged injury, I would rather just take a break and heal quickly so I can go back to work as soon as possible. In the instance I have a severe injury, I’ll go to a physical therapist– to make sure I don’t weaken other parts of my body that weren’t injured and for the sake of being able to return to normal after my recovery, I would do the exercises recommended by my therapist and continue moving my body throughout the healing process. I think it is also important that you learn how to dance and strengthen your body in a way that prevents you from getting an injury.

11/22/20「先生、質問です!」Vol 5

ジョーさんからの質問:

ダンサーとして食べるもの(または食べない物)はありますか?

 

レイナ先生沢山の食材を食べるようにしています。身体にいいからといってそれだけ食べるのではなくね。そして基本は野菜です。お肉の3倍は野菜を摂取してますよー。お鍋とかだと簡単にお野菜とお肉とお魚いっぺんに食べれちゃいますね。

運動後のジュースは控えること、そして私は身体の疲れを残したくないのでリハーサル前は必ずアミノ酸飲んでました。

 

エリ先生普段は玄米を中心に、野菜、豆腐、魚、肉をバランスよく食べています。

クラスやパフォーマンス中はあまり食べれないので、朝食には玄米茶漬けなど、腹持ちが良く,消化が良い物を選んでいます。又糖分は体力を消耗させるので、運動前や運動中は口にしません。そのかわりご褒美に運動後頂きます♪

 

マユミ先生何でも食べますが野菜、果物、肉・魚・豆類などのたんぱく質、そして穀物をバランス良く食べる事を心がけています。

そして筋肉に疲れが溜まらない様に沢山の水を飲みます。

水分が足らないと身体が重くなり直ぐに疲れて思うように身体を動かす事が出来ず怪我に繋がる場合が出てくるので水分補給には十分に気を付けます。

 

Q&A #5

Joe asked:

What kind of food do you eat (or avoid) as a dancer? 

 

Lena Sensei: I do my best to eat a variety of different things. Not in a way that’s just like, I’ll only eat this because it’s healthy. At its most basic level, my diet consists of vegetables. I eat around 3 times more vegetables than the amount of meat I consume. If I’m having something like hot pot it’s very easy for me to eat veggies, meat and fish all in one go.

After exercising, I avoid drinking sweet beverages, and I also dislike feeling tired for long periods of time so I drank things with amino acids before rehearsals to avoid that feeling. 

 

Eri Sensei: I will usually eat a balanced diet that includes vegetables, tofu, fish and meat with an emphasis on  brown rice. Since I can’t eat much during performances or classes, for breakfast I’d eat things that sit well in my stomach such as ochazuke (Japanese dish in which hot tea or dashi is poured over rice) using brown rice. 

Also, because foods with sugar will exhaust you, I will avoid said foods before or during exercise; instead I’ll treat myself with some sweets after all the hard work!

 

Mayumi Sensei: I’ll eat anything but I will keep in mind to eat a balanced diet consisting of vegetables, fruits, grains and anything high in protein such as meat, fish and legumes.

In order to prevent any lingering muscle fatigue, I will drink a lot of water. 

When your body doesn’t have enough water, it tends to get heavy and you will feel tired much sooner, and in some cases this will lead to you being unable to move your body properly and result in an injury, which is why I will be careful staying hydrated. 

11/18/20 「先生、質問です!」Vol 4

エマYさんからの質問

パンデミックが終わったら、私たちダンサーに計画していることはありますか?

 

レイナ先生:

23分のその子だけの作品を作って色んなコンクールに挑戦してもらいたいと思います。

同じ振り付け(作品)を繰り返す踊ると沢山の発見がある。踊れば踊るほど愛着が出てきてこの作品をどう踊ろうか考えるようになったりするよ。

 

エリ先生:

ダンサー達全員と劇場でパフォーマンスを必ず行いたいです。リハーサル、舞台ヘアメイク、照明、音響そして観客生の舞台で踊るのが待ち遠しいです。

また、ディズニーのオーディションにUV DANCE SQUADチームを挑戦させたいのと、ニューヨークでのダンスキャンプも再挑戦させたいです。日本でのUV Performing Arts のダンス公演も是非やってみたいです。

 

マユミ先生:

コロナが落ち着いたら皆さんはまた色々な所でパフォーマンスをするでしょう。

その時が来たら直ぐに舞台に立てる準備が出来ていなければなりません。

私の答えは皆さんがいつでも舞台に立ってパフォーマンスが出来るように

『今』皆さんのトレーニングをお手伝いしたいという事です。

パフォーマンスの練習に入ったら基礎訓練そしてスタミナ作りに時間を割く事は難しくなってきます。

じっくりと身体をトレーニング出来る時間を有効に使いながら頑張っていきましょう。

そして皆さんが舞台で踊る姿をいつかNYから見に行きます!

 

Q&A #4

Emma Y asked:

Do you have any plans for us dancers when the pandemic is over?

 

Lena Sensei:

I would like to make 2 to 3 minute long pieces for each student and have them go to competitions. By dancing to the same choreography (piece) repeatedly you discover a lot of things. The more you keep dancing the piece you’ll get attached to it and will begin to think how to dance it in a certain way.

 

Eri Sensei:

I certainly want to have a performance at a theater with all my dancers. Rehearsals, hair and makeup, lighting, acoustics and an audience… I can’t wait for when we can dance live again on stage.

Additionally, I would like the UV DANCE SQUAD   team to audition for Disney and I would like to challenge the dance camp in New York once again.

I would also like to have UV Performing Arts have a performance in Japan.

 

Mayumi Sensei:

After the Coronavirus pandemic has settled down, I assume everybody will be doing performances in many places once again.

When that time comes you must be prepared to be able to go back on stage right away.

My answer to this question is that I would like to have a helping hand in training you all in your “Current” state so that you are all able to stand on stage and be able to perform at any time.

When you are practicing for a performance, it will become harder to split the time that is spent on building stamina and doing basic training.

Do your best to effectively use the time that is reserved for more in-depth training.

I also will come from New York to go watch everyone perform onstage someday!

11/15/20「先生、質問です!」Vol 3

ジョーさんからの質問

毎日ダンス以外、何をしていますか?

子供と何をしていますか?子供がいなかったら何をしていたと思いますか?

 

レイナ先生私の人生の中で子供がいなかったらバリバリ現役ダンサーでしたよ100%。そして20代から始めた振り付けという作品創りを続けていたと思います。

踊り以外の世界を知り(子育て)驚きました。心から人に必要とされてるって。

そんな私は現役主婦兼ダンスティーチャーです。

プライベートでは男の子の社会を学び、仕事で女の子が多いから女の子から学んでいます。

面白いよね。教えてる側なのに生徒さんから学ぶって。

すごく気づかされることが多くて一緒に成長していく感覚が私は好きで、だから今でもこの仕事を続けているのでしょうね。

 

エリ先生他の先生方はご存知かと思いますが、自分がまさか結婚して家庭を持つと言うタイプでなかったので、結婚して子供に恵まれた今の人生は毎日が感謝の日々です。もし今の家族に出会っていなければ、現役で踊っていたと思います。又は東洋医学にずっと興味があるので、漢方薬の専門家か、海洋学が好きなので、水族館で働いていたりしていたかもしれません。

 

昔から夢はいっぱいあるのですが、その一つが振付師になる事でした。現在、UV Performing Artsの素晴らしいダンサー達に私の作品を踊ってもらえる事は、私の夢が一つ叶っていると言う事で、本当にありがたい人生です。

 

マユミ先生今はパンデミックで家にずっといるのでダンスをしていない時はヨガをしたり、ダンスをする際の身体の筋肉の使い方やダンサーの為の解剖学について学び始めました。

(私には子供がいませんがパートナーの子供がおにぎりとピザが好きなので今度一緒に作って食べたいです。)

 

Q&A #3

 

Joe asked:

 

What do you do besides dance?

What do you do with your kids?

What do you think you would do if you didn’t have kids?

 

Lena Sensei: If I didn’t have *kids I would have been a full-time dancer, 100%. I also would’ve been continuing my work in creating pieces and choreographing, something I’d picked up around my twenties. 

I was so surprised when I first experienced a world outside of dance (raising children). Just the experience of feeling essential to someone. 

Today, I am a full-time homemaker and dance teacher. 

In my private life I learn about boys and I work with a lot of girls at my job so I learn about that there. It’s interesting, I’m the teacher but at the same time I’m learning from my students.

I’m always realizing new things and I enjoy this feeling of growing up with my students, it’s probably one of the reasons why I continue doing this job even today.

 

*She is the mother of 3 sons

 

Eri Sensei: I think the other teachers know of this well, I was never the type of person that seemed to have interest in getting married and starting a family, so with the life I have now, married and blessed with children, I am experiencing feelings of gratitude everyday. If I had not come across the family I have today, I probably would’ve had a career as a dancer. At the same time I have always had an interest in eastern medicine and oceanography so I may have been a specialist in herbal medicine or had a job at an aquarium. 

 

I have had many dreams and ambitions from long ago and one of those dreams was to become a choreographer. Today, I am grateful to have one of my dreams fulfilled with wonderful dancers at UV Performing arts that will dance my pieces.

 

Mayumi Sensei: Because of the pandemic, I am at home all of the time, so when I am not dancing I will do yoga, and I have recently been learning about human anatomy in relation to a dancer’s body and muscles. 

(I do not have kids but my partner’s child likes rice balls and pizza so I would like to make some with him soon).

11/8/20「先生、質問です!」Vol 2

キラさんからの質問

 

1) どのくらいダンスに時間を費やしていますか?

 

2) ダンス以外にどんなトレーニングをしていますか?

 

レイナ先生

 

1) 現役時代は週6回教え週5回自分のトレーニングでレッスン受けてました。今はヨガを受けています。レッスンできない日はキッチンに脚をアラセゴンに乗っけてストレッチ(キッチンの高さが何故かちょうどいい)や洗面台をついて腕立て伏せしてます。

 

2) ヨガやキッチンでストレッチや洗面台で腕立て伏せ(上記と同じ)

 

エリ先生

 

1) ダンサーとして生活していた時代は、日曜日以外毎日、一日24クラスレッスンを受けていました。現在は子育て、家事があるので、キッチンや車でもストレッチは欠かさないようにしています。又作品作りのため、スーパーで野菜を選んでいる時も、店で流れる音楽や、色彩や、心の感情に目を向けています。

 

2) キッチンストレッチと筋トレ。時間がある時は、Floor BarrePilatesをしています。

 

マユミ先生

 

1) 学生の時は毎日35時間位踊っていたと思います。

プロになってからはダンスレッスンは一日一クラスしか受けていませんでしたが

毎回100%フルアウトで踊る様にしてトレーニングをしていました。

レッスンとは言え、90分の間、舞台で踊っているのと同じ様に集中して表現して踊るのです。

パンデミックに入ってからは週に10時間程をダンスや身体づくりに費やしています。

 

 

2) 週に4日ヨガをしています。

 

Kira asked: 

 

1) How much time do you devote to dance ?

 

2) What type of training do you do outside of dance?

 

Lena sensei: 

 

1) At the point I was most active in my career, I taught 6 classes a week and I took 5 classes a week to train myself. I take yoga classes now as well. On days I cannot take class, I stretch my legs in à la seconde using my kitchen [countertop] (For some reason the kitchen has the perfect height) or I might lean on the sink to do push-ups.

 

2) Yoga or stretching in my kitchen or doing push-ups using my sink(As mentioned above).

 

Eri sensei: 

 

1) During the time I was a dancer, I took 2 to 4 classes/lessons everyday except on Sundays. Now that I have other responsibilities such as raising my kids and doing chores around the house, I keep in mind to not miss the opportunities to stretch in places like the kitchen or my car. Adding on to this, for the purpose of creating [new] pieces, I may be at a supermarket picking vegetables and at the same time, listen to the song playing at the store, take in the colors around me, and be aware of any emotions I feel in a certain moment [in the context of listening to music].

 

2) I workout and do stretches in the kitchen. When I have the time, I’ll do Floor Barre or Pilates.

 

Mayumi sensei: 

 

1) I believe that when I was a student I used to dance somewhere around 3 to 5 hours everyday.

After I began working professionally, I was only taking one class per day but for every class I was dancing full out, at 100% and trained like so every time.

Even though I say class, for the full 90 minutes I would bring the same amount of focus and expressiveness that I would if I was onstage.

Ever since the pandemic, I take around 10 hours worth of time a week and spend it on dancing and bodybuilding.

 

2) I do yoga 4 times a week.

 

 

11/1/20 「先生、質問です!」Vol 1

キラさんからの質問:ダンス業界はどれぐらい大変な世界ですか?

自分の欲しい仕事を得るのは大変ですか?

 

レイナ先生: 私はダンスを始めて40年になりますが経験値はあんまり関係なくて努力した人の方が勝る世界だと思っています。

気付いたらダンスに夢中になっていて、気付いたらダンスのお仕事をさせてもらってました。ただ自分で〇〇なダンサーになる為に日々のレッスンを頑張って何歳までにはお仕事として舞台に立てるようになる!という人生目標はとっても大事だと思っています。

 

エリ先生: 現役時代はインターネットや携帯が無かったので、日本では、知り合いからオーディション情報を聞いたり、ニューヨークに渡ってからはBackstage と言うダンス情報新聞を買ってオーディションへ行っていました。今はオンラインより情報を得られるのと、ダンスのテレビ番組も沢山あり、挑戦が以前より楽になりました。ただ、実力と才能により選別される事は変わっていないので、将来ダンスを仕事にしたければやはり日々の努力は欠かせないと思います。

 

マユミ先生:一言でいうと大変です!()

ダンスインダストリと言ってもダンサー・振付師・ダンス教師等色々な種類の仕事がありますし、バレエ・モダン・ジャズ・シアター・コマーシャル etc... とそれぞれのジャンルによっても仕事を得る難しさの違いはあるでしょう。

でも、どんな人にもダンスの世界で仕事を得るチャンスはあると思います。

それには相当の努力と情熱そして来たチャンスを逃さない力、そして何と言っても諦めずに頑張り続ける力が必須です。

 

マユミ先生(二つ目の質問に関して):どんな職種でも自分の欲しい仕事を得る事は大変だと思いますがダンスの世界も大変です!()

ダンスの世界で仕事をしている人達は皆さん勿論踊りが上手ですしテクニックもあります。

 

踊れて当たり前、出来て当たり前なのです。

 

そういう人達と競争していくにはいつもクラスに行ってトレーニングをしたり素晴らしい芸術家の作品を見て勉強をしたりと、自分の芸を磨き続けなければいけません。

疲れていても行きたくなくてもです。

そして大勢の素晴らしいダンサー達の中から選ばれる何か特別なもの、目を引くもの、そして「この人と仕事をしたい」と思ってもらえる何かを持っているという事も大切です。

 

Kira asked:  How hard is the dance industry?

Is it hard to get the job you want?

 

Lena sensei: It has been 40 years since I began dancing but I think that in this industry, the amount of experience one has comes second to the amount of effort one puts in.

At some point I found myself obsessed with dance, and then I found myself with a job in the dance world. To keep doing your best in your dance classes so that you can become the type of dancer you want to be and to have a job onstage by a certain age– I think setting a goal for yourself like this is very important.

 

Eri sensei: During my career as a dancer, there was no internet or cell phone. So when I was in Japan, I received audition information from my acquaintances, and after I came to New York,  I obtained my info from a dance newspaper called Backstage and went to auditions from there. Nowadays you can get info from the internet, additionally as there are more TV shows that feature dance, so going to auditions is much easier compared to before. At the same time, the fact that you are judged by skill and talent has still not changed, so if you plan on being a dancer in the future I think it is important to continuously put in effort everyday.

 

Mayumi sensei: In one word, I would say that it is difficult! (lol)

The dance industry branches into many different jobs such as dancer, choreographer, instructor, and it branches off even further into different genres such as ballet, modern, jazz, theater, commercial, etc…

The level of difficulty of securing a job will most likely differ between all of these branches.

But, I think that every person has a chance at getting a job in the world of dance.

To do this, one must put in a suitable amount of effort and passion, have the ability to not let go of the chances that come, and possess the will to not give up and to keep working hard.

  

Mayumi sensei (in response to the second question): I think that it is hard to get a job in any occupation but I think it is also difficult to get a job in the world of dance as well! (lol)

All of those that have jobs in this industry are great dancers and have technique.

It is normal for these people to be able to dance and it is normal for them to be able to do what they are asked of.

To be able to compete with these people you must always go to classes to train, and watch pieces from remarkable artists to learn and keep on continuously improving your craft.

This is expected even when you are tired and/or don’t feel like going [to class, etc.] on any given day.

 

It is also important to have some quality inside of you that makes people choose you over all of the other amazing dancers, something that will turn heads, and something that will make people think, I want to work with this person.

 

10/16/20  初心にかえる

 

最近ではすっかり人気の習い事になったダンス。

ダンスを習うことで、子供たちの成長に合わせて必要な体づくりができることはもちろんのこと、

人前に立つことや自分の意見を伝えることが苦手だった子が、ダンスを始めて人に見られることや

自己表現することの楽しさを知り、変わっていく姿もよく見られます。

 

毎週木曜15:15~のZoom親子ダンスクラス、

3〜4歳の元気な生徒さんと、笑顔のお母様方との、とてもエネルギーに満ち溢れた時間です。

 

写真はクラスの様子です。毎回毎回子供達の成長に感心させられます。

 

ご挨拶も大きな声でしてくれます。踊りので順番や振り付けをしっかり覚えてくれたり、柔軟も一生懸命行ってくれます。お母さま方も、下のお子さんやペットのお世話をしながら、頑張ってくださっています。時にはクラス中に悲しくなってしまった生徒さんへ、他の生徒さんが、画面越しに優しい声をかける姿など、小さな思いやりと成長に大きな大きな感動を貰っています。

 

泣いて笑って飛んで踊って、元気いっぱい、想像力に溢れる子供たちは、とても素直な踊りを披露できる天才です。難しい振りを沢山こなすプリフェッショナルクラスをほぼ毎日指導させて頂いている私には、親子ダンスクラスは癒しと元気を頂ける、初心に戻れる特別なクラスであります。

 

薄井ビラリアル 英里

 

DANCE is getting popular in 2020. Especially TikTok and all other online platforms available during the pandemic. Dancing can be a way to stay fit for people of all ages, shapes and sizes.  It has a wide range of physical and mental benefits including muscle strength, endurance, motor fitness, and especially mental confidence.

 

Thursday 3:15-3:45pm Mom and Me  is very energetic class with a lot of smiles! 

 

Mom and me /Tiny Tots class is fun yet provides students with a foundation in proper dance education. Classes incorporate creative movement, ballet, jazz, and open style dance as well as a variety of educational add-ons including the alphabet, color, music theory, and more.

 

My tiny dancers impress me every week. They greet proprietary every time they enter and exit the screen, work hard remember steps and stretch even it is not easy for grownups. When one of dancer gets sad, other dancer comes to camera and encourages her. They are caring each other and building teamwork even though the Zoom lesson. Moms are very supportive and dancing while they rake care of younger child and pet.

 

All of my dancers are special and talented. Mom and me class is one of my favorite class. It heals me and reminds me to be honest to yourself and the joy of dancing! 

 

Eri U-V

10/10/20 どんな場でもダンサーで

 

先々週からコンテンポラリーのレッスンが始まりました。緊張もあったと思います。画面でもそれが伝わってきました。

 

そうなんです。画面上でも全てが見えるのです。同時に画面上は表現できる場だという事です。

 

ダンスレッスンを受ける生徒たちには、どの場面でも、どの環境であっても、”表現者”だということを意識して欲しいものです。

 

いつでも舞台に立てる準備が必要なんです、表現者は。

 

そしてレッスンは練習の場だという事。失敗して、悩んで、食らいついて、それでもできなくて、また悩んでの繰り返し。そこのプロセスから逃げず頑張った人には成功が待っている。

 

柔軟が苦手な人間でもやり続けていたら必ず柔らかくなる。

 

だからZoomレッスンであっても、スタジオレッスンと同じ志で、クラスを受けてくれると嬉しいなと思っています。

 

残念な事に、来週、再度手術があり、当分の間、みなさんと一緒にレッスンすることが出来なくなってしまいました。お見舞い、応援の言葉を下さった方へは感謝の気持ちでいっぱいです。入院中、私も学んで、みんなと一緒に成長したいと思っています。ご迷惑をおかけしますが、またお会いできるのを楽しみにしております♬

 

西原 礼奈

 

October 10, 2020: Stay as a dancer whenever, wherever you are

 

Its been a couple weeks since my contemporary Zoom class begin. Maybe its because I am new teacher, I can feel their nervousness. Well, you can feel the nervousness even through the screen.  That means, you can perform and express even through the screen. I wanted to remind all my students to be aware that it is important to stay as an artist whenever or wherever you are. An artist need to be ready to perform, anytime, anywhere.

 

Class is where you train and learn. It is where you make so many mistakes, you get frustrated, you repeat challenging but fail again.  Keep pushing yourself and having a patience, I promise you will have some reward or success. Even you are not flexible, if you continue stretching everyday, you will  definitely become flexible.  It is important not to give up and keep continuing.

 

I want all of my students to do their best both in-person class and Zoom class even it is not easy.

 

Unfortunately, I will take a break because of my surgery. Thank you for your kind messages and gift. I will continue to learn during my recovery thinking all of my students are doing as well. I will see you hopefully soon.

 

Lena Nishihara

10/8/20 レッスン1~3を終えて

 

UV Performing ArtsのProfessionalコース、UV DANCE SQUADの皆さんのバレエのクラスが始まったのが9月24日。今まで3回のレッスンを行いましたが、先ず毎回感じる事は、生徒さんの醸し出すエネルギーがとてもきれいだなという事です。

 

教師の姿ややっている事が見えづらい、音楽や声が聞きづらい、床の状況、スペース等など、オンラインレッスンというとても厳しい条件の中でも一生懸命に学ぼうとする美しい姿勢を生徒の皆さんが持っています。

 

そして大人でも集中力を持続するのが難しいZoomレッスンを毎回頑張っている子供たちは本当に偉いと思います。どんな状況下でも自分のやっていることに集中できるという事はアーチストにとってとても大切な特性です。

 

レッスン1~3のクラスでは

  • バレエをする際の姿勢
  • ターンアウトの仕方
  • センター(コア)の探し方
  • 背中と両脇の使い方
  • 6D(Direction)呼吸
  • ピルエット(回転)さわり

までを練習しました。

 

家を建てる時に土台と柱から作り始めるように、ダンサーの身体も土台(骨盤)と軸(重心軸)そして体の内側から上下前後左右をしっかりと使えるようにしていく事がとても大切です

生徒さん達は今バレエのクラスでこの土台を作っていくという地味な作業に取り組んでいます。やり始めは特に中々忍耐が必要であり”なんだかよくわからない””難しい”と思ってしまう事があるかもしれませんが、大丈夫!必ず強くなります。

 

踊りでも他のアートフォームでも、続けていると必ず壁にぶち当たる時が訪れます。

 

でもここがアーチストの頑張りどころです。

 

あきらめずにやり続ける心が大切です。

 

そしてUV Performing Artsの皆さんは、その頑張る心を持っています。

 

コツコツと積み上げたものが自然に踊りと繋がり、また、身体に変化を感じ始めると更に踊りが楽しくなることを皆さんにシェアできれば本望です。

 

これから少しづつ大きな動きもつけていきますが、基本動作の反復練習は毎回練習するのでその中で少しづつ気付き、習得して行ってくれれば良いなと思っています。

 

パンデミックという状況の中でも元気な笑顔. で毎回クラスに参加してくれる生徒の皆さんに、レッスンをさせて頂ける事は私の大きな喜びとなっています。

 

これからも一緒に頑張っていきましょう!

 

Mayumi Omagari

 

October 8, 2020: Class progress

 

My ballet class for UV DANCE SQUAD started in September.  I have done 3 lessons since and all of my students have a wonderful energy every time I teach.  All of UV DANCE SQUAD dancers' attitude is very graceful.  They do their best even they do not have a best class situation such as difficult to see the instructor through the screen, hard to hear the sounds, their house and apartment structures. They have an amazing focus even  adult sometime struggle to do so. And It is very important to focus under any situation if you are an artist. 

 

Past three lesson, I 've taught:

Ballet pasture

Turn out

How to find your core

How to use your back and side

6 Direction breathing technique

Basic of pirouette

 

Dancer needs to develop a stable base correctly. It is same as building the house. It is very important to build correct dance base so that they can use their body from inside to up, down, front, back, right and left.  I am helping my student to build solid core and to use correct hip sockets so that they will be able to use right muscle to balance and harmonized movement.  I will let my students to challenge some big movement in my future class but continue to repeat the fundamental ballet training to keep their base strong.

 

UV DANCE SQUAD dancers are working on this unexciting process with me.  Needs a lot of patience and strength.  You might feel "too much" or "too boring".  Well, it is okay to feel that way! I guarantee that your body will appreciate in a future!

 

You will hit some wall when you practice and practice especially anyone who involved any performing art form including dance. But this wall is very important.  There is no wall that you can not climb. Just do not give up and trust your strength.

 

All of UV Performing Arts students have strength.  My goal is to climb the wall together and to share the joy of dance where you can only experience the other side of the wall.

 

It is such a wonderful experience for me to teach those UV DANCE SQUAD dancers who have positive smile.  They light my day during this pandemic.  Thank you for this opportunity and see you next week!

 

Mayumi Omagari

9/20/20 スタジオレッスン再開

 

コロナウィルス感染症の影響により、3月よりダンスクラスを全てZoomレッスンに切り替えておりましたが、9月より皆さまの安全を第一に、少人数でのスタジオダンスレッスンが一部でありますが再開されました。

 

半年ぶりに見る生徒たちは、背がぐんと高くなり、驚くほど成長していました。マスク越しではありましたが、元気な笑顔はそのままで、楽しいレッスンを行う事ができました。マスクを着けたままのダンスレッスンは、標高の高い登山のようで、生徒たちも辛かったと思います。今後、もっと良い方法で気持ちよくクラスを受講できるよう、改善していく予定でおります。

 

受講前のチェックシート記入、スタジオは各生徒さんの場所を区切り、他人に触れる事がない状態でのレッスン、入口で外履きを靴袋へ入れ、体温チェック、全クラス前後には器具の消毒、床の殺菌、空気洗浄のため空気洗浄機は24時間まわすなど、皆さまには慣れない状況となってしまい大変ご迷惑をおかけしますが、今後ともご理解とご協力をお願い致します。

 

「ぁああ~大きく踊れてたのしい!」「みんなに会えてうれしい!」「隣の部屋の雑音も以前は気になったけれど、今は久々に聞けて懐かしい!」「身体がなまっていて早く以前のように動けるようになりたい!」などの声を聞く事ができました。
スタジオでは現在2-3名のみが参加可能人数となっております。またZoomレッスンも引き続き行われていますので、是非ご参加ください。

 

*お申込は写真をクリック!
September 19, 2020  Studio re-opening!
UV Performing Arts re-opened with following CDC and King county safety guidance with keeping small sized class and social distancing. 
Everyone grew, some of them got taller than me!  But their smile hasn't changed al all.  It is not easy to dance with mask on.  Feels like to climb high mountain.  But everyone was happy to dance fully in the UV Performing Arts studio!  They commented like "I feel sooo good to dance big!"  "I am glad to see my friends even  I only to see their eyes and hair"  "I missed the noise from the other side of the room."  "I want to take more classes to get back my shape".
 
Thank you for understanding the new rules and restrictions.  We appreciate your continued support.  Please sign up UV Performing Arts Zoom lesson and/or in-person lesson (2-3 student with the reservation). 
*Click photo to sign up

7/21/20「大曲 真由美です」

 

こんにちは。9月よりバレエのクラスを教えさせていただく事になりました、大曲 真由美です。

 

この様な素敵な機会を与えて頂きました事をとても嬉しく光栄に思っております。

2月のワークショップにて、生徒の皆さんが一生懸命に学んでいた光景を思い出しながら、また皆さんと一緒にダンスを勉強できることを今からワクワクと楽しみにしています。

 

バレエは細かい筋肉の動きにも目を向けながら、基礎的な動作を繰り返すところから始まります。地味に見える動作ですが、きちんと身体を使いながらこの動作を続けることによって、体幹をはじめ、頭のてっぺんからつま先そして指先までを自由に動かす事ができるようになる、最終的にはどんな種類の踊りにも役立つ(または必須と言える)トレーニングです。

 

9月からのクラスでは基本の動作を通し先ずは生徒の皆さんが自分の身体と対話しながら、踊りに必要な筋肉を発見し、それを強化していく事が出来るように授業を進めて行きたいと思っています。

 

地味な作業ですが、何かを発見して行くというのは楽しい作業でもあります。それに加え、ターンや足を上げていく動作など、テクニカル的名こと、更に自由に表現できるよう、身体と肩、顔の向きに対しても勉強していきましょう。

 

UV Performing Arts のダンサー達が一歩一歩前に進んで行くことを心から応援しています!(大曲 真由美)

 

Hello, my name is Mayumi Omagari.  I start teaching Ballet from September.

First of all,  I appreciate this wonderful opportunity.  I am excited to teach students of UV Performing Arts again!

Ballet needs a lot of patience.  Begin to learn fundamental movement during paying attention to all of your small muscle. It is a special training to build a correct muscle from the top through your core to bottom your toe. Basic detail training for any dance style with a grace.

My class start with basic ballet training.  Each class has one or two goals to focus on the techniques.  It is not fancy and entertainment class but I guarantee everyone to be able to build correct body structure and to dance any style of dance in a future.

See you next week!

Mayumi Omagari


7/18/20「西原 礼奈です」

UV Performing Arts にて、9月より、コンテンポラリー講師を務めさせていただきます、西原 礼奈です。

 

私は3歳でバレエを始め留学先のNYにて、The Ailey School (アルビンエイリー)を修了後、コンテンポラリーというジャンルに出会いました。帰国後、まだコンテンポラリーへの認知が薄い日本にて、バレエをベースとしたコンテンポラリーのワークショップの講師をし、自身もコンクールのコンテンポラリー部門で、多数受賞をしてきました。その後、バレエ団やバレエ教室にて、コンテンポラリーの指導や振付を行ってきました。新しいムーブメントにしどろもどろになりながらも、懸命に取り組む姿には、毎度、尊敬と、感動を得る機会に恵まれました。

 

私のクラスで重要視していることは、柔軟です。

 

私の若い頃は、「ダンサーなら、多少の怪我は当たり前」と怪我をしても無理に身体を使う時代でありました。今のは「怪我をしないダンサーを育てる」時代です。

 

ゴムを無理やり引っ張れば、切れますね。筋肉も同じです。無理やり引っ張れば、筋細胞が壊れます。

 

ダンサーである、みなさんは、お母さんに素敵な身体を産んでもらったんだもん!大切にダンサーの身体の使い方を学んで、一生ものにしちゃいましょう!

 

私のクラス内容は、

前半:柔軟を強化したウォームアップ

後半:コンテンポラリーの動き

を行います。

1か月(約4回)の間に振りや動きを増やし、一つ一つの動きをこだわって執着して踊れるようになれば最高です!

 

9月からよろしくお願いします。(西原 礼奈)

 

Hello, my name is Lena Nishihara.  I teach Contemporary dance.

 

I started Ballet when I was 3 years old.  I graduated Ailey School (Alvin Ailey Dance Theater Company) and study Contemporary Dance in NYC. After returning to Japan, I start compete Modern and Contemporary dance. I also teach Ballet company and train young dancers to compete dance competition in Japan.

 

Big focus in my class is stretch.

 

Back in my old days, dancers are taught forcefully stretch their body.  Unfortunately, injury is part of dance world.  In 2020, no more injury.  Body is very precious and you need to have a knowledge to talk to your own body.

 

My lesson plan is:

Warm up with correct stretch

Know how to communicate your body

Contemporary choreography

 

My goal is to help dancers to understand how to use their core and to dance precisely. 

 

Looking forward to dancing with you!

 

Lena Nishihara

 

 

 

 


7/13/20「上達への道」

先日、オンラインのクラスで、生徒の一人に聞かれました。「先生、どうやったら上手になれるんですか?」

 

芸事は、毎日コツコツ努力するしか上達できないのです。今日のレッスンで学んだことを次のレッスンで出来るように努力するということは、芸事の基本なのです。

 

「えー、そんな~」と言われてしまいました。厳しいですよね、ダンスはきらびやかで楽しそうで、簡単にできそうですもんね。

 

うまくなりたければ、教わったことを、出来るようになるための努力を、欠かさないことです。それが芸事なんです。ダンスを楽しいと思える生徒たちは、ものすごい努力家ということなんです

 

クラスで間違えを指摘されるということは、とてもありがたいことであり、それを素直に受け取り学ぶという事が上達への早道です。

 

しかし、「先生に指摘されるのがこわーい」と、褒められるだけを目的にすることは、上達への道をふさぐ原因となってしまうのです。

 

これらを理解し、間違えを認められる強い心を持つには、自分にも他人にも正直であること半可通(いい加減な知識しかないのに通人ぶること)にならず、常に初心であることです。

 

UV Performing Arts の教師たちは、一生懸命頑張っている生徒達を褒めてあげたい気持ちでいっぱいです。なぜなら、遠い昔、自分達も同じように、一生懸命やってきたからこそ、子供たちの努力がしんしんと伝わります。しかし、教師たちも皆、自分にも他人にも正直であり、半可通にならず、心を込めて精一杯指導しています。UV Performing Arts の生徒たちは、そんな覚悟を決めた指導者たちに「生徒達が上手になってくれますように」と、クラスで指摘ばかりされ、頑張っています。

 

お父さん、お母さん、そんな、一生懸命なお子さんの心の支えになってあげてください。そしてまた、強い心を持ち、ダンスクラスで沢山学べるように、どうか、お家では、努力家のお子さんをいっぱいいっぱい、褒めてあげて下さいね!(薄井ビラリアル 英里)

 

One of my student asked me in Zoom class.  "How can I improve my dance?"

 

'Art' is where we make meaning beyond language.  To improve your art form such as dance, is to keep working hard everyday to be able to perform beyond language. Unfortunately there is no easy way.  She was like "no way!".  I feel you, too.  Dance seems like fun and exciting.  It is fun and exciting. Because it is performed by dancers who enjoy practicing and improving to be the best. 

 

Working hard and practicing everyday is the fundamental work as an artist. If you want to improve your dance, keep practicing what you've learned . Not practice until you can do it.  Practice until you do not make any mistakes.  

 

If you want to improve your dance, always discover something that you can improve every time you dance.  

 

We know that taking teacher's critics might be hard for you.  Everyone likes good complement for sure.  But looking for a complement in every class sometimes stop improving. 

 

So please be honest to yourself, to your techniques, and to your mistakes.  Please do not stop your limit.  Trust your strength and your teacher.  We do our best to help our students improve their skills.  We know it is not easy to listen some critics. We have been through the same path when we were young and we feel our dancer's pain and struggle more than anything.  However, we know that critic helps to discover something to improve. It helps you to improve your dance quicker also.    Be humble and believe in yourself. 

 

I am very horned to teach such an amazing dancers for so many years.  Especially dancers who stay with UV Performing Arts and continue dancing together in this pandemic. They return to dance class every week and take criticism for improvement. They are the dance warriors with a strength and honesty.  They are beautiful artist that I respect.

 

So please hold your child after his/her dance lesson and give them the best complement.  Our warriors practice very hard and try to improve everyday.  Your complement helps them to improve their dance skills.  We promise to continue offering your child the best dance instruction with our dignity and honesty.  And we appreciate your support, always.

 

Eri U-V

 


7/11/20「UV Performing Arts です」

「舞台力」を身に着ける場、UV Performing Arts です。

 

新型コロナウィルス感染症の影響により、芸術の世界は、リモートクラス、オンラインパフォーマンスなど、新しい船に乗り、航海の旅に出ています。行先が見えない旅です。リモートクラスはもちろん、スタジオでのクラスが再開されたとしても、皆様と実際お会いするのは駐車場くらいと残念ながら殆ど無くなってしまいました。クラスの見学さえありえない状況です。舵を握る者として、少しでも皆様の不安を取り除けるよう、クラスの様子、指導者たちの声などをお届けする、「舞台力」日記を発信することにしました。今後ともよろしくお願いします。

 

まずは、3月よりスタジオ閉鎖が始まり、このような状況となった今も、UV Performing Arts と一緒に、継続を決断された方々へ、皆様の勇気と行動力に心から尊敬と感謝の意を表します。リモートクラスであっても、五体満足で踊れる事、同じ目標を掲げるチームメイトがいてくれることなど、感謝の気持ちを忘れず、自己へも他人へも胸を張って生きれるパフォーマーとして、一緒に進んでいきましょう。

 

Because of this pandemic, we only see each other through online or with the mask on.  UV Performing Arts create a new blog "UV Performing Arts Backstage".  We share our class information and continue to communicate with all of you through this new normal.

 

Please follow "Blogger"  and "Instagram"  or you can find us through our website.

 

Thank you for your continued support for UV Performing Arts.  We appreciate your decision and courage to keep dancing with us.  Also appreciating to be able to dance with wonderful teammate and healthy body in this pandemic.  Stay together.  Dance together. Rise together.

 

UV Performing Arts